開発段階

点群処理

CIMモデルの生成システム

MMS、UAVやTLS等を用いて取得した現況の点群データを検査対象の部位ごとに分割し、最も点群データにフィッティングするパラメトリックモデルの寸法値を自動で算出するシステムです。

建設機械搭載型出来形管理システム

舗装工事の中間工程への面管理による出来形管理を可能とし、現場作業の効率化と施工品質の向上を実現します。本システムは、前田道路、法政大学(今井龍一教授)、三菱電機エンジニアリングの共同開発です。

映像処理

建設現場の安全管理

人物や建機に装着されたバイタル機器やスマホおよび計測機器(屋内測位システムなど)から取得される計測データを集約する仕組みを構築し、工事現場のスマート管理システムの実現を目指します。

画像による人流計測

カメラ映像からAIを用いて歩行者を検出し、特定断面における通過人数、トラッキング、方向別に自動で計測するシステムを開発しました。交通量調査、オフィスや店舗・施設内の人の動きを可視化します。

スポーツ情報処理

Intelligent Annotation

スポーツでAIを活用するためのデータセット構築支援ソフトウェアです。マウス操作で簡単に選手の学習データを構築することが可能です。さらに、大量のAIの学習データを効率的に構築できます。

Intelligent Switching

各カメラの映像に映り込むボールの動きを優先しつつ、選手のプレーからベストアングルの映像を生成表示できます。スポーツの最高の瞬間を見逃さない、複数映像の自動切り替えソフトウェアです。

電話をかける